賃貸物件を契約する時には、初期費用をまとまった金額を支払うので、内訳が細かいが把握をしておいた方が良い

新規の保育園に合わせた賃貸探しをする
新規の保育園に合わせた賃貸探しをする

賃貸物件を契約した時に必要な初期費用

賃貸物件を契約する時に発生するのが、初期費用です。初期費用には、まとまったお金が必要です。具体的な費用は物件によって異なり、一人暮らしの場合でもおよそ30万円は掛かる様です。初期費用に関しての細かな内訳は、不動産会社の請求明細でわかる様になっていますが、どの項目がどの様になっているのか見てもよくわからないので、さらっと目を通すだけになってしまいます。初期費用の請求明細には、最初の月の家賃や共益費、敷金や礼金、仲介手数料、鍵の交換代と不動産会社で加入した場合には、火災保険の料金が記載されています。家賃や共益費は、通常口座への振り込みになりますが、最初の月だけは、手間を省く様にと、初期費用に含まれているそうです。

敷金、礼金は、貸主に渡るお金となり、敷金には、何かあった時に、支払う金額に充てられたり、退去時の費用になったりと、貸主が預かってくれているというお金になるのです。敷金は、預かっているお金という事で領収証ではなく預り証というものが発行されるそうです。礼金は、貸主の報酬分となるので戻ってくることはないのです。仲介手数料に関しては、不動産会社の取り分で、不動産会社は、仲介手数料と貸主からの管理料が報酬として利益をあげているのです。鍵の交換代は、鍵を交換した業者に支払われ、火災保険は加入者が加入すべき保険の料金となり、万が一のための保障となります。初期費用は、細かな項目がありわかりづらい所もありますが、自分で支払ったお金ですので、把握しておいた方が良いそうです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017新規の保育園に合わせた賃貸探しをする.All rights reserved.