賃貸物件に入居後に不具合を見つけた場合には、貸主負担になる場合もあるので、自分で直さずにまずは管理者へ連絡する

新規の保育園に合わせた賃貸探しをする
新規の保育園に合わせた賃貸探しをする

賃貸物件に入居後に不具合を見つけた場合には

賃貸物件へ入居をし、生活をはじめると内見でみた時には気づかなかった不具合を見つけてしまう時がありますが、気になったらすぐに直しておきたい所ですが、自分で修理を手配するのではなく、契約書重要事項説明書に説明記載されている時もあるので、賃貸物件の部屋自体の不具合だったり設備の不具合の場合には、はじめに不動産会社に連絡をして見た方が良く、元々の不具合だったり、自然に不具合が起きた場合には、貸主が費用負担をして修理をしてくれるそうです。ただし、引越の時にぶつけてしまって壊してしまった時や日常生活で不注意で壊してしまった場合の不具合に関しては、借主が負担をして修理をする事にあります。借主が修理負担をした場合でも指定の業者に修理をする場合もあるので、まずは不動産会社に連絡を入れる事になります。

不動産会社に連絡後には、指示に従って行動する様に行動します。不動産会社で建物の保守管理を行っている場合には、提携している修理業者が修繕の記録をしている場合があり、記録を基にそに後の建物のリフォームが行われる場合があり、修理の記録は不動産会社にとって必要な資料になります。借主にとって利点もあり、不動産会社で修理箇所を把握していると、メンテナンスをする時にも話が通じやすくなるそうです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017新規の保育園に合わせた賃貸探しをする.All rights reserved.