屋根の軒が深く作られている賃貸は、日射量を確保しながらバルコニーの雨避けという機能面で期待が持てます

新規の保育園に合わせた賃貸探しをする
新規の保育園に合わせた賃貸探しをする

屋根の軒が深い賃貸でバルコニーのカビと湿気を防ぐ

軒の深い屋根はバルコニー付きの住宅との相性が抜群であり、賃貸を選ぶ際にも屋根の軒の深さは意識しておきたいです。これでもかと言えるぐらいに軒を深くしている様な物件もあるのですが、そういった物件は屋根の下あたりの日射量が気になるかもしれません。あまり軒が深いと日射量が減ってしまいそうだと思うのなら、住宅の方角によって軒の深さが変わっていないかを調べてみてください。射し込む日射量というのは方角によって変わってくるものですから、かなり日射量が確保出来る方角だけ軒を深くしている場合もあるのです。そういった物件であれば軒の深さで、バルコニーに雨などが濡れてしまわない様に工夫も出来れば、十分な日射量で満足させてもらえます。

バルコニーを雨で濡れない様にするというのは意外と重要な事で、雨を上手く避けられればカビや湿気がバルコニーに溜まりにくく出来るのです。小さなお子さんが居る家庭というのはカビの増え方も気になってしまうでしょうから、なるべくバルコニーが濡れにくい物件を選ぶのが良いでしょう。夏場などはボウフラが増えるのを防ぐ効果も期待出来ますから、屋根の軒の深さというのも意外と重要なのだと分かるはずです。

Copyright (C)2017新規の保育園に合わせた賃貸探しをする.All rights reserved.