賃貸住宅は経年変化によって日々消耗していると考えられます。こうした部分は、賃借人の責任とはなりません。

新規の保育園に合わせた賃貸探しをする
新規の保育園に合わせた賃貸探しをする

新規の保育園に合わせた賃貸探しをする

敷金というのは保証金ですから、退去時には返還されるのが基本です。しかしそうもいかないのが現状であり、敷金がほとんど返還されないということもあるようです。しかし返還されないからと言って、そのすべての事例が何らかの逸脱行為があるというわけではありません。賃貸人と賃借人はよく話し合って、敷金の返還額を決めていくので、双方の納得したうえでの問題の帰結であれば、たとえ敷金が返還されなかったとしても不思議はないのです。

敷金の返還問題について押さえておくべきポイントは、原状回復義務と善意注意義務と経年変化の三点です。敷金の返還には、この三点を考慮しなければなりません。それは政府発行のガイドラインにも記載されている者であり、敷金返還の際にはこのガイドラインに従って問題が処理されるのが一般的なのです。

敷金の返還について考える時は、経年変化を考慮しなければなりません。ふつう建物に居住すれば、その建物はただ住んでいるだけでも消耗します。そうした消耗のことを経年変化と言います。賃借人は経年変化による消耗を普段の家賃支払いによってその責任を支払っているわけですから、そうした消耗を除いた部屋の瑕疵が敷金によって修繕されるべき箇所なのです。その際、すべての瑕疵が修繕の対象になるのではなく、部屋をきれいに使うという義務を怠ったと判断される部分にのみ対象となるのです。これが原状回復義務と善意注意義務の本来の意味なのです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2016新規の保育園に合わせた賃貸探しをする.All rights reserved.